モットン

 

 

 

モットンを購入したら、効果的な使い方はないか、注意点やお手入れ方法って気になりますよね。

 

モットンは腰痛にも良いって聞くし、睡眠の質も良くなると口コミでも評判になっています。

 

 


そこで、モットンの使い方について調べてみました。

 

 

モットンの効果的な使い方ってあるの?

 

モットンの効果的な使い方ってあるのか調べてみると、
「モットンの下にはやわらかいマットレスを敷かずに、そのままか固いマットレスの上に敷いて使う」でした。

 

 

モットンのマットレスは、普通の健康対策マットレスよりもだいぶ厚い約10cmの厚みがあります。

 

なので、そのまま床や畳に敷いてもいいですし、
モットンの下にマットレスを敷く必要もなく寝ることができます。

 

もちろん、ベットフレームにそのまま敷いて使えます。

 

 

 

 

このように、モットンの使い方は本当にシンプルなうえに余計なものは必要ありません。

 

極力無駄なものは排除されているので、そのまま使うといいですよ。

 

 

モットンを使ううえで注意点はあるの?

 

モットンの使い方はとてもシンプルなのですが、1点だけ注意点があります。

 

モットンは何も敷かずにそのまま使える(固いベットマットレスを敷いてもOK)のですが、
やわらかいベットマットレスの上にモットンを敷いてしまうと、体全体が沈んでしまう場合があります。

 

モットンそのもので体全体を支えられているので、
モットン自体を支えている下の部分がやわらかいと腰痛改善効果を落としてしまう可能性があります。

 

なので、その場合はモットンのマットレスだけで使うようにしましょう。

 

 

 

 

元々、モットンのマットレスは10cmほどの厚みがありますので、
そのままで十分支えられますし、ふんわりした寝心地を実感できますよ。

 

 

モットンのお手入れ方法は?

 

モットンの特徴は腰痛改善効果が期待できるだけでなく、とても高品質なマットレスです。

 

他のマットレスと比べても、通気性をしっかりと考えられて作られています。

 

また、モットンはウレタンホームを使用しているので、防ダニ防虫効果もあり衛生的です。

 

 

ただ、湿気が多いお部屋や季節は、どうしても多少の湿気が溜まってしまいます。

 


そのため、週に1度は直射日光の当たらない風通しの良い場所で、
底面に溜まった湿気を乾燥させたり、マットレスの裏表をひっくり返して使うと長持ちさせられますよ。

 

 

 

 

このように、モットンは使い方もお手入れ方法も難しいことは一切ありません。

 

カバーもご自宅で洗えますし、耐久性にもすぐれているので長い年数使うことができますよ。

 

 

↓使い方もお手入れも簡単な「モットン」紹介ページはこちら↓

 

http://motton-japan.com/

 

 

 

 

 

 

 

【教えて!】モットンマットレスを使ってる人の本当の口コミとは?!